検査を受診される方へ

For Patient

PET-CT検査/乳房PET検査

PET-CT検査とは

がんはがん細胞の成長が、ある程度進んでからでないと発見しにくい病気でもあります。
PET-CT検査の特徴は、がん細胞に目印をつけるという点です。
がん細胞は、正常の細胞よりも分裂がさかんに行われるためブドウ糖代謝が盛んです。その性質を利用しブドウ糖に近い成分(18F-FDG)を体内に注射した後に全身をPET-CTで撮影します。するとブドウ糖(18F-FDG)が多く集まるところがわかり、がんを発見する手がかりとなります。
従来の検査にくらべて、体に負担をかけずに小さな早期がん細胞まで発見することが可能となります。

乳房PET検査とは

発見が難しい小さな乳がんを検出できる乳房専用のPET装置を用いた検査です。専用ベッドの上にうつ伏せに寝て、乳房を検出器ホールにセットするだけで乳房を圧迫されることなく検査を受けられます。「高濃度乳房」に対してもその影響を受けにくく、胸を挟まない検査のため豊胸術後でも検査が可能です。

※全身PET-CT検査とセットでのご受診となります。

※全身PET-CT検査と連続して実施するためFDG薬剤の投与は1回のみとしており追加の投与はありません。

※高濃度乳房についての詳細はこちら

検査を受けるには

  • PET-CT検査を含む人間ドックを実施しております。詳細はこちら
  • 保険診療のご予約は、患者様からの直接のご予約は承っておりません。主治医の先生にご相談ください。

注意事項

次の方々はご受診頂けない場合がございます。
<受診日までにお知らせください。>

  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方

食事について

健診で受診の場合

中之島クリニックから送られる受診要項をご確認ください。

保険診療の場合
  • 検査4時間前までにお食事をお済ませください。
  • 水、白湯のみは、検査直前までお飲みいただいてかまいません。
  • 糖尿病治療中の方は、服薬・インスリン注射について事前に主治医とご相談ください。

当日の注意事項

検査前(前日も含む)の力仕事や運動はお控えください。
ガムを噛むことも顔面の筋肉の運動になりますのでご遠慮ください。

検査の流れ

STEP1

問診を行います

STEP2

血糖値の測定後18F-FDGの静脈注射をします

STEP3

約45分~60分程度、安静室で安静にします

STEP4

検査前に排尿します

STEP5

PET-CT装置のベッドに横になり、約20分撮像します

※乳房PET検査を受診される場合は、全身撮影後更に約15分撮像します。

STEP6

約40~50分安静にしていただき、必要時のみ追加撮影します

STEP7

排尿後PET-CT検査終了です

健診で受診の場合

検査料金 コース、オプション検査によって料金が異なります。
所用時間 各コースによって所要時間が異なります。

保険診療の場合

検査料金
PET-CT検査 約30,000円
造影PET-CT検査 約33,000円
PET-CT検査+乳房PET検査 約46,000円
(保険適用で自己負担3割の場合)
所用時間 約3時間

安全性

検査で用いる薬剤(18F-FDG)による副作用の心配はほとんどありません。
PET-CT検査では若干の放射線被ばくがありますが、放射線による体への影響が出るような線量ではありません。

ページ上部へ ​ ​