クリニックについて

About

医師紹介

DOCTOR

田邉 卓爾

医療法人知音会 理事長

田邉 卓爾たなべ たくじ

  • 日本内科学会認定医
平成18年に京都府立医大大学院を卒業。平成19年の中之島クリニックオープン時より最高経営責任者就任。中之島クリニックの内科医として、また最高経営責任者として、予防医療の理想型を目指します。
これからの医療は早期発見・早期治療を目指さなければなりません。可能な限り多くの方に早期発見の機会を提供したいとの思いから、中之島クリニックでは最適な医療だけではなく、居心地のよい空間、スタッフをご用意しました。これまで人間ドックを受けたことのある方はもちろんのこと、受けたことのない方でも安心してお越しいただけると思います。皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
黒瀬 健

院長

黒瀬 健くろせ たけし

  • 日本内科学会認定医・研修指導医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
  • 日本病態栄養学会病態栄養専門医・研修指導医
昭和58年浜松医科大学を卒業後、京都大学の内科研修などを経て、京都大学大学院で膵内分泌の研究を行いました。平成4年からシカゴ大学に留学し、生化学の基礎研究を行い、平成6年に帰国後、宮崎医大では6年間、診療、教育、研究に従事。平成12年から京都大学にて2年間の講師を経て、平成14年から市立下田市民病院の糖尿病・代謝内科部長として赴任し、約5,000名多くの糖尿病患者さんの診療に従事し糖尿病食事療法の「食べる順番」をはじめ多くの研究や診療を行ってまいりました。糖尿病ばかりではなく慢性疾患、がん、高齢に伴う各種の疾病には予防医学が大変重要です。これまでの経験を生かしながら、受診される皆様のより良い健康を願って努力をしてまいりたいと考えています。
根住 直史

内科医師

根住 直史ねすみ なおふみ

  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 近畿血液学地方会評議員
昭和46年に京都大学を卒業。京都大学、放射線医学総合研究所を経て、昭和50年より関西電力病院内科に勤務。消化器疾患、血液疾患、内科疾患一般について臨床経験を重ねました。内科部長、副院長を歴任したのち、同院に隣接する当クリニックに平成24年1月より勤務しています。毎日の生活、人生に潤いや活動力を与えるのは基本となる健康です。健康上の問題の早期発見、適切な対処を行うためには、健診が受けやすく、継続しやすいことが大切です。快適で、効率がよく、当クリニックの最新の設備、専門医の能力を活かした精度の高い健診を受けていただくために、わたくしの長い臨床経験を活かしてまいります。「転ばぬ先の杖」と言います。杖を使いやすくするために中之島クリニックをご利用ください。
森 敬弘

内科医師

森 敬弘もり たかひろ

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本超音波学会
  • がん治療認定機構認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 人間ドック健診情報管理指導士
平成5年に京都府立医科大学を卒業し、今までは消化器疾患、特に肝臓病を中心に診断、治療を行ってきました。肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように病気が進行して初めて症状が出る場合が多く、普段からの定期的な検査が非常に重要です。肝臓病の治療が進歩し治癒率が急速に向上していますが、自覚症状が無いために検査を受けたことがなく、病気であることをご存じない方が多くいらっしゃるのが現状です。食生活の欧米化とともに生活習慣病やそれに伴う脂肪肝の方も増加しており、脂肪肝の一部には肝硬変、肝臓癌へ進行する場合もあります。高血圧、糖尿病といった生活習慣病は肝臓病と同様に普段の自覚症状があまりなく、脳卒中や心臓疾患などの原因になりますので、中之島クリニックへの受診が日頃の健康状態のチェックをしていただく機会になり、受診者皆様の病気の予防、早期発見、治療の一助になれるよう努力していきたいと思います。
岩田 政広

放射線科部長

岩田 政広いわた まさひろ

  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本核医学会専門医
  • PET核医学認定医
平成5年に愛媛大学を卒業後、京都大学放射線・核医学科に入局。その後、北野病院、京都大学病院、彦根市立病院にて臨床医として勤務し、現在に至っています。専門は放射線診断全般ですが、中でもPETをはじめとする核医学診断および甲状腺の画像診断です。
画像診断医としてのモットーは、日々進歩する医療の世界の中で常に新しい知識を取り入れ、受診者皆様に少しでも確実性の高い情報を提供できるように努力することだと考えております。
河本 雅秀

放射線科医師

河本 雅秀かわもと まさひで

  • 日本核医学会
  • 日本医学放射線学会
昭和61年に京都大学を卒業。北野病院放射線科で研修後、京都大学大学院で核医学の研究に従事。学位取得後、坂崎診療所(現御池クリニック)、大阪北逓信病院で画像診療医として勤務。平成27年より現職。AIの時代を迎え、画像診断の世界も大きく様変わりしていくことが予想されていますが、様々な状況を総合した臨機応変な判断や、責任を持った診断の確定はあくまで人間の仕事であることには変わりないはずです。
今後も受診者の皆様の健康の一助となるべく、努力してまいります。
ページ上部へ ​ ​